免疫力アップサプリランキング

 

免疫力があるのとないのとじゃどう違う?

 

免疫力を高めれば病気にかからないなどとはよく言いますが、具体的に免疫力とは何か、免疫力があるとどう違うのか説明できるでしょうか?免疫力は健康維持に非常に重要な要素ですので、意識して免疫力を維持していくために、免疫力について知っておく必要があります。

 

免疫力とは自分の体を害から守る防衛力の中でも、ウイルスや病原菌などの侵入物に対する防衛機構の力のことを指します。私たちが生きている世界には目に見えない様々な微生物が住んでおり、体内で増殖すれば病気の原因となる病原菌などはそこかしこに存在していますし、人間の皮膚や体内さえ様々な微生物で覆われています。それでも普段は健康状態が保たれている理由こそが、免疫力があるからなのです。人間の免疫機構は体内で健康維持に都合の悪い病原菌などが増殖したり、重要な部位に入ってこないように退治したりします。この免疫力が正常である限りは体内で病原菌などが大量に繁殖したり重要な部位に侵入したりすることがなく、健康が保たれるのです。しかしながら免疫力が衰えると病原菌に侵入をたやすく許してしまい、その結果病気になったりするのです。

 

免疫力とはもともと人間に備わっている体の機能の一つですので、基本的には健康的な食生活・生活習慣を送ることが免疫力を高める・正常に保つことにつながります。とはいえ、免疫力を高めるための効率的な対策がありますので、ポイントを絞った対策を行い健康維持に役立てましょう。

 

免疫力を高めるには?

 

免疫力とは体に備わった機能ですので、体の健康を維持することで免疫力も高く維持することができます。健康な生活を心がけることで免疫力が高く保たれ、高い免疫力が健康を保つというわけです。基本的には、バランスの良い食事・栄養摂取と十分な睡眠、そして適度な運動といった一般的な健康維持のための対策が免疫力向上でも重要です。

 

免疫力は身体機能の一つですから、正常に保つためにはそれ相当の栄養素が必要です。特にビタミン類は免疫力を保つために重要ですが現代の食生活では不足しがちなものです。また栄養素によってどの部位の免疫力を向上させるかもそれぞれ違うため、必要な栄養素はすべてバランス良く摂取する必要があります。特にビタミン・ミネラルは意識して摂取しないとどうしても穴が開きがちです。

 

睡眠も重要です。睡眠は脳や内臓の機能を低下させ調子を整えることのできる唯一の時間ですので、睡眠時間が十分にとれないと免疫力に限らず健康に必要な機能が少しずつ提供されなくなってしまいます。疲労が蓄積しやすくなり、このことも免疫力にマイナスに働きます。睡眠時間が長ければ長いほどいいというものでもありませんが、規則正しく6時間程度の睡眠時間は確保したいものです。

 

最後に、運動は様々な意味で重要です。全身運動は体の血流を良くすることで免疫機構を含めて体の機能を高めますし、免疫に対してマイナスとなる肥満の予防にもなります。そして適度な運動はストレス解消にも役立ち、心身ともに健康であるために非常に重要な役割を担うのです。